任意整理とは

任意整理とは

任意整理は、裁判所を通さずに債務者の借金を減額あるいは利息をカットし、貸金業者などの債権者と和解する手続きのことです。

いわゆる示談のようなものと考えていいようです。

一般的には、弁護士や司法書士といった法律の専門家が債権者と話し合いを行います。

債務整理と任意整理の違いについて迷う人も少なくないと思いますが、任意整理は債務整理の手法の一つと考えるといいようです。債務整理には、任意整理の他に自己破産個人再生特定調停といった手続きがあります。

債務者のメリット

任意整理を行うことで、元本の減額、多重債務に対する返済の一本化、過払い金の請求、利息のカットなど、それまで返済での窮状が劇的に改善されます。

減額の幅は当然債権者の同意が必要です。場合によってはそれまでの返済に対する態度など、情状酌量の余地がなければ、減額されない場合もあるようです。

債権者としては、債務者が自己破産の処置に至らないようにするケースも多いようです。

そのためにも、任意整理については交渉ごとに長けた弁護士司法書士などの専門家に依頼したほうがいいと言われています。

債務者のデメリット

任意整理に至る時点で、弁護士が返済に対しての督促や債務者の支払いなど、お金の流れをストップさせることができます。

これは任意整理の交渉に入るための必要な措置なのですが、そのときにクレジットカードも利用停止になってしまいます。

そのままクレジットカードは使えなくなり、以降信用情報機関の記録がなくなる5年ないし10年程度はクレジットカードは作れなくなるのです(デビットカードで代用できます)。

そして、新たな借金はできません。任意整理で定められた返済のみに注力することになります。

任意整理についてのまとめ

任意整理を行うと俗にいう「ブラックリストに載る」という状態になります。これは、正確には「金融事故を起こした人として信用情報機関に記録される」ということになります。

この情報がなくなるのが、3つある信用情報機関で5年ないし10年ということになるのです。
また、債務者のメリットでは書きませんでしたが、任意整理の場合は債務者の資産は保全されます。

これはどういうことかというと、債務者に不動産などの資産がある場合は、差し押さえや強制退去といった措置はとられません。ですから、任意整理を行っても、それまで同様自宅に住み続けることができます

それが金融事故を起こして任意整理を行った債務者の最大のメリットと言えるかもしれません。

一刻も早く解決したい人には、東京ロータス法律事務所をお勧めします。
↓↓↓

シェアする