自己破産とは

自己破産とは

自己破産は、裁判所を通して自己の財産を清算することです。

このとき債務のすべてが免除されます。とはいっても、この言い方は正しいものではありません。

冒頭に財産を精算すると書きましたが、まずは、自己所有の財産(土地・建物や車、家財道具等)を処分して現金化し、それを債権者に配当します。これが破産手続きとなります。

その上で、債務がまだあればその債務を免除されます。これが免責手続きといいます。

つまり、自己破産は財産を処分する破産手続きと、残債を免除する免責手続きの二本立てとなっているのです。

自己破産のメリット

自己破産のメリットは、債務が免除されることです。つまりは借金がゼロになるのです。

裁判所に支払能力がないと認められる必要がありますが、これまでの借金がゼロになることは大きなメリットです。ただし、税金の滞納がある場合、それは免責扱いにならないので、支払いの義務は残ります。

それまでの借金苦が嘘のように借金に対する支払いがなくなるので、自分の人生を再生させるきっかけになります。これは、借金帳消し以上のメリットと言えるかもしれません。

財産や家財道具の処分とありますが、99万円以下の現金や20万円以下の預貯金の保持は認められています。また、家財道具でも冷蔵庫や洗濯機といった生活必需品の処分もまぬがれます。

もっとも手持ちの現金の多くは引っ越し費用などで消えてしまうことが多いので、最低限必要な現金の保持が認められているということになります。

これは、あくまでも自分名義ということで、配偶者名義の資産については処分の対象にはなりません。例えば配偶者名義の車があればそれは処分しなくてもいいということです。

自己破産のデメリット

自己破産の最大のデメリットは、自己所有の財産を処分するということです。自己所有の不動産があれば、それは一番に処分の対象となります。債権者は1円でも多く資金を回収しようとしますから、土地建物の不動産があれば、それを手放すことは免れません。

自己破産は債務整理の一つの手続きですから、信用情報機関に金融事故情報として記録されます。今後5年ないし10年は新たな借入れはできませんし、クレジットカードも作ることはできません。

官報に掲載されるのもデメリットですが、普通の会社や個人が見ることはないので、それほどデメリットに感じる必要はありません。

自己破産のまとめ

借金の返済についてにっちもさっちもいかなくなった場合の最終手段が、自己破産です。ただし、債務残高や資産状況によっては、任意整理や民事再生のほうにメリットがある場合もあります。

安易に自己破産を考えるよりも、手順としては任意整理、特定調停、民事再生を考えながら、どうしてもだめだと思ったときに選択するのが自己破産と考えるのがよいようです。

一刻も早く解決したい人には、東京ロータス法律事務所をお勧めします。
↓↓↓

シェアする