弁護士費用の相場

任意整理は弁護士を雇った方が良い

債務整理についてですが、最初のとっかかりとなる任意整理も含めて、すべて債務者自身が交渉にあたろうと思えばあたることができるようです。

しかし、債権者側は経験豊富な弁護士を立ててくるのが常ですから、交渉事では一般の人は太刀打ちができないでしょう。

自分の味方として弁護士に依頼すれば、債務の減額や整理について適切な方法を示唆してくれるでしょう。

交渉で支払条件や支払金額、全体の債務残高、そして支払利息なども決まるので、どちらも少しでも良い条件にしたいと考えます。

債権者側の弁護士は当然債権者側ですから、有利な条件を導き出すことが使命となっているのです。

そのような弁護士には、やはり債務者側も弁護士を立てて対抗しなくてはいけません。

そのときに気になるのが、弁護士費用です。

債務整理にまで陥ったのですから、普通に考えて債務者にはお金がありません。弁護士費用が法外な値段なら、弁護士費用を支払うことはできないと思います。

弁護士費用の相場

弁護士費用ですが、任意整理についても費用は様々ですが、弁護士費用は1社あたり、3万円から5万円が相場のようです。

任意整理のときは多重債務になっていることが多いですから、債権者側が5社でしたら、最低でも「3万円×5社」ということで15万円の弁護士費用がかかることになります。

それにプラスして減額報酬を請求される場合があります。これらは、依頼前に確認することができるので、後から思わぬ費用を請求されることはないはずです。

整理すると以下の通りです。

  • 着手金は1社あたり2万~4万円程度
  • 報酬金は1社あたり2万程度~
  • 減額報酬は10~20%
  • 過払報酬は20~25%

この程度が弁護士費用の相場のようです。

自分で処理するよりもメリットが大きい

弁護士費用を抑えたいので、自分でなんとかしようと思う債務者も少なくありません。というよりも自分でなんとかしたいと考える債務者もいるかもしれません。

しかし、弁護士が出てこないと、督促をストップすることができないと思いますし、交渉のための知識を学習したり、ただでさえ疲弊している精神状態の中で交渉を頑張ることになるでしょう。

あくまでも素人なのですから、場合によっては交渉がうまくいかないことだって考えられます。そうすれば、元も子もないでよすね。

それらを考えると、適切な解決方法を提案してくれて、プロとしてスピーディに対応してくれる弁護士さんに依頼するメリットは、少なくないはずです。

例えば任意整理をしたとしても、これから遅滞なく払って行くにはあくまでも自分なのですから、自分はこれからのことをしっかり考えていかなければなりません。

債務整理の処理はプロに任せて、自分は今後の生活の建て直しに一生懸命に取り組む、というのがベストだと思います。

一刻も早く解決したい人には、東京ロータス法律事務所をお勧めします。
↓↓↓

シェアする