民事再生(個人再生)とは

民事再生(個人再生)とは

債務整理には任意整理特定調停と並んで、民事再生(個人再生)があります。

民事再生は、裁判所を通して債務の減額をしてもらう手続きです。裁判所に申立書を提出し、裁判の手続に必要な書類収集などの手間がかかるのでスピード性はありませんが、法律に則った処置が行われ、債務残高を大幅に減額できます。

概ね5分の1ということで、その額を3年から5年の間で返済できれば残りの借金は免除になるというものです。

これだと、任意整理よりも債務者有利になるので、すぐにでも民事再生を行いたいと思う人もいると思います。しかし、いきなり民事再生の手続きを取ることはできません。

任意整理や特定調停で審議を尽くして、それでなお返済ができないといったときに取るべき手続きなのです。

言い方を変えれば、自己破産一歩手前の状態と考えていいようです。

民事再生の流れ

例として挙げてみます。

債務残高が600万円ある人でしたら、これを任意整理では、5年間で月10万円の返済が必要です。

これが民事再生でしたら、債務残高が5分の1に減額されて120万円となります。3年間で分割払いするとしても月々3万円弱の支払いで済むことになります。

※例として挙げているので、返済する債務残高は増減します。この例でしたら、きちんと120万円を返済した時点で減額して480万円の支払いが免除されることになります。

民事再生のメリット

民事再生では、住宅や車などの資産を所有している場合でも、それが差し押さえられることはありません。もちろん、債務残高が大幅に減額してもらえるのがもっとも大きなメリットのようです。

民事再生のデメリット

信用情報期間に、民事再生手続を取った方法が記録されます。金融事故情報ですから、信用情報機関に5年ないし10年記録として残ります。その間は、新たな借入れはできませんし、クレジットカードも作れません。

民事再生(個人再生)のまとめ

任意整理で折り合いがつかなかった、任意整理で決まった返済をすることができなかった、といったときに行われるのが民事再生です。

手続きとしては、自己破産の一歩手前となりますが、財産の保全ができるので不動産を持っている人にとってはこれが一番のメリットになるでしょう。

債務残高が大幅に減額されるので、債務者有利ではあるのですが、返済は確実に行うことが求められます。また、自己破産を希望しても状況によって、それができない場合もあり、民事再生が最終手段となる場合があり、債務者にとっては後がない状態となりえるようです。

シェアする