債務整理の知識一覧

任意整理とは

任意整理とは、滞っている返済が可能になるよう、弁護士や司法書士が債権者と話し合って合意を求める債務整理のひとつの手段・手続きのことです。これによって、分割回数を増やして月々の支払額を減らしたり、今後支払っていく返済金の利息を減額したりします。任意整理を利用できるのは、任意整理によって減額された後の残金を3年程度で返済できるメドがあり、継続して収入を得る見込みがあることが条件です。劇的に状況が改善されるかわりに、クレジットカードが利用停止になったり、新たな借金はできないというデメリットもありますが、督促が止まって返済のメドがたち、解決に向かうので、メリットの方がはるかに大きいと言えるでしょう。

特定調停とは

特定調停は裁判所での手続きで、裁判所から委託された調停委員が債権者側と債務者の間に入り、これからの返済についての調停を行います。債務整理の手続きの中で用意する書類が少なくて済みますし、代理人として弁護士を立てることもできますが、債務者自身で手続きが可能です。債権者との協議の際には調停委員がついているので、債権者のペースで強引に話が進むことはないようです。ただ、債権者からの不信感は根強いものがあり、折り合いがつかなければ特定調停が不成立になる可能性もあます

民事再生(個人再生)とは

民事再生は、裁判所を通して債務の減額をしてもらう手続きで、法律に則った処置で債務残高を大幅に減額できます。任意整理や特定調停でもなお返済ができないときに取る手続きで、自己破産一歩手前の状態と言えるようです。住宅や車などの資産を差し押さえられることはないため、不動産を持っている人にとってはこれが一番のメリットのようです。しかし、自己破産を希望しても状況によってできない場合、民事再生が最終手段となる場合があり、債務者にとっては後がない状態と言えるようです。

自己破産とは

自己破産は、裁判所を通して自己の財産を清算することで、債務が免除され、借金がゼロになります。。自己所有の不動産があれば、それは一番に処分の対象となります。しかし、99万円以下の現金や20万円以下の預貯金の保持は認められ、家財道具でも冷蔵庫や洗濯機といった生活必需品の処分もまぬがれます。任意整理、特定調停、民事再生ではどうしてもダメなときの最終手段と考えた方がよさそうです。

弁護士費用の相場

任意整理においては、弁護士費用の相場は、着手金は1社あたり2万~4万円程度、報酬金は1社あたり2万程度~、減額報酬は10~20%、過払報酬は20~25%程度のようです。弁護士に依頼すると相応の費用はかかりますが、仮に自力で貸金業者に交渉しようとしても困難が多く、もし交渉に失敗してはもともこもありません。経験豊富なプロの弁護士に依頼するのが安心と思われます。